QRコード
QRCODE
インフォメーション
プロフィール
すぎはら
1968年福岡生まれ。男性。
2000年に開園。「ちびはる保育園 原田」「ちびはる保育園 基山」「ちびザウルスのひみつきち」3園の園長。また「病児保育のスタンドバイ」代表。
大学生の息子二人と特別支援学校中等部2年生の娘の父。
「え~!とても大学生のお子さんがいるようには見えませんよ」と言われるのが好き(笑)



歳を取るのは、なんだか辛いというか、悲しい気持ちになりますよね。
これまで出来ていたことが出来なくなったりするので。自分の可能性が刻々と減っていくような。。。

でも歳を重ねて経験値を積まないと出来ないことっていうのもあるし、何かとの出会いで新しい扉が開く感覚も大切にしたいです。


最近思うのは「隣の芝生は永遠に青い」です。
その事実を受け止めたうえで、「自分にとって一番大切なもの・価値観」をしっかり意識してみることが大切なような気がします。

いろいろ毎日ありますが、「愚痴は不幸を呼ぶ呪文」だそうですので、なるべくいろんなことに感謝しながら、生きていけたらと思っています。



あんまり旅行は得意ではないけれど、いつかオーロラ見に行ってみたいと、最近は思うようになりました。
自分のちっぽけさを感じて、そのうえで感じることって大切ですよね、きっと。





2017年01月10日

外れ宝くじゴミ箱へ の巻

 滅多に買わないんですけどね。

 今回の年末ジャンボは買いました。





 「10億当たったら、マジでどうやってお金使えばいいんやろか。ローン払うやろ、車買い替えるやろ、、、大昌園で特上カルビ頼むやろ、、、

 いやぁ、でも余るわ。ハワイに別荘も買わないかん。

 だいたい税金ってどうなるんやろ。

 ま、俺は1億でいいな…10億じゃなくていいって考える俺って、やっぱ慎み深いわぁ」





 …なんてバカな事思いながら、でもでもやっぱりどこかで




「でも誰か当たるんよね。それが俺である可能性はあるわけで。。。

そう、実は俺は10億当たる運命が用意されてるのかもしれない。

神様は知ってるけど、俺がその運命を知らなだけかもしれない。

実はハワイの南風が俺を待っているのかもしれない。

あ~きっとそうだ。あの時の苦労も今の苦労も、そう! きっとこの運命のためのプレリュードやったんや!」






…というわけで、10億当たるジャンボと1億当たるプチジャンボを買いました。

すでにこの2種類買ってる時点で、中途半端感あり。

男ならお前、ジャンボを連番のみで買ってみいや!という内なる声も聞こえないふり。



で、当選番号を見るのも、大晦日その日ではなく、

理由は

「夢を少しでももっとけるやん?」

と、すでに外れ前提、小市民的思考。


にもかかわらず、今日、10日しかたたないうちに気になって見てしまう、これまた中途半端感。


そして極めつけは


外れのくじを




「実はあたりがあるかもしれないから、念のために売り場で確認してもらおう」





と、ゴミ箱から出したところ。。。



なので、タイトルよりもかっこ悪い感じです。

 


同じカテゴリー(園長のど~でもいい話)の記事画像
やり抜く力
自営業の老後
園長の、超どうでもいい話   俺の名言編
なんか、印象的な言葉 ②
パソコンかぁ…
 12月に思うこと
同じカテゴリー(園長のど~でもいい話)の記事
 やり抜く力 (2017-08-27 12:31)
 自営業の老後 (2017-08-11 13:38)
 小心者が大物ぶった結果がこれ (2017-04-16 18:09)
 今年もよろしくお願いいたします (2017-01-04 07:42)
 「俺の遺伝子さん」 (2016-07-13 10:59)
 園長の、超どうでもいい話   俺の名言編 (2015-11-25 16:44)